前園系ギタリストZONO SATOのギターブログ

前園系ギタリスト、ZONO SATOこと佐藤タスクの大好きなギターや音楽について書くブログ

MISIA星空のライヴXに行ってきた!2018.9.7.(金)NHKホール

どうも、ZONO SATOです。

先日、2018年9月7日(金)にNHKホールにてMISIAさんの「星空のライヴX」に行ってきましたので個人的なライブの感想、レポートについて書いていきます。

f:id:tasuku-sato1986:20180909124243j:image

f:id:tasuku-sato1986:20180909125023j:image

 

MISIAさんのライブに馴染みのない方に星空のライヴについてご説明致しますと楽曲を生!アナログ!って感じでアレンジしておりバンドもシンプルでナチュラルなサウンドの編成で行うライブがコンセプトです。

 

なので…

添加物なし!100%天然素材って感じで飾り気のない生のMISIAさんの圧倒的な歌唱力を堪能できるライブなのです。

 

f:id:tasuku-sato1986:20180909125138j:image

今回私が鑑賞した席はNHKホールの二階席の中央寄り最前列で音が一番良く聞こえる席だったので非常に満足いたしました。

 

以前、山下達郎さんのライブでもNHKホールに行ったことがありますが素晴らしく音がいいホールです。

 

さすがはNHK!さすが紅白歌合戦の会場って感じですね!

 

さて、ではライブを観て印象に残った楽曲をネタバレにならない程度にピックアップしてご紹介して行こうと思います。

 

まず、一番私が印象的だったのは何と言ってもオープニングナンバーの「星の降る丘」です。

 

NHKホールのゴージャスな音質がバンド演奏の生のダイナミクスを保ったまま客席まで響かせてくれそしてMISIAさんの一気に会場の空気を支配する歌声重なり立体的な音のままビンビンと身体に染み込んでくるので

その予想を遥かに上回るパフォーマンスとクォリティに心が溢れまさか一曲目から号泣してしまいました…笑

 

本当に素晴らしい!!

文字で書くと安っぽいですが神々しく魂を震わす歌声はマジで女神様って感じなのです。

 

バンドメンバーもスーパーで衝撃的なクォリティなのですがその中でも一番際立ったのはサックスの「鈴木明男」さんですね。

 

星空のライヴは彼のソロ無しでは語れません!

 

たくさん日本のトップのサックスプレイヤーのトーンをライブで聴いてきましたが鈴木明男さんの深くて明るいヴィンテージ感をまとったトーンに魅了されました。

 

またソロプレイの音選びが神がかっておりギターを演奏する立場の私にも毎度の事ながら勉強になります。

 

ミュージシャン歴46年の経験値と実力に脱帽です…

 

一曲目以降はみなさんもおなじみの大ヒットナンバーの数々がライブを彩ったわけですがアンコールのナンバーの二曲が最近ドラマで使われてるって言うことでガチのファンでない人達からも「MISIAのライブいいなぁ」なんて言われました。

 

その曲はチアダンで使われた「hope & dreams 」と義母と娘のブルース主題歌「アイノカタチ」です。

 

アイノカタチは主題歌ってのは知ってますが「hope & dreams 」がドラマで使われているとは知らないのでテレビっ子の妹の反応が良かったので驚きましたね。

 

アンコールは「super rainbow」「HOPE & DREAMS」「アイノカタチ」という事でとても明るく前向きに優しく頑張って生きていこうという思いにされてくれるナンバーでしたので自分は何と醜い人間なんだと心が洗われました…笑

 

という事で以上が星空のライヴXのレポートととなります!

 

MISIAさんのライヴに興味があるとか行ってみようかな?って思っている方で

ガチでMISIAさんを感じたいと思う方は是非、星空のライヴに足を運んでみて下さい!

 

本物の音楽を 肌で感じられる圧倒なライヴパフォーマンスに虜になると思いますよー。

 

ではでは、ZONO SATO でした。

コーティング弦の対決!!ダダリオ&エリクサー弾き比べレビュー

D'Addario & Elixir のコーティング弦を弾き比べ!!

人気コーティング弦のレビュー、感想

 

どうも、ZONO SATO です。

 

今回はダダリオのコーティング弦についてです。

 

今年の明けに購入した某楽器屋の福袋にダダリオのコーティング弦が入っておりました。

 

せっかくなので友人にもらい家にストックしてあった元祖コーティング弦のエリクサーと弾き比べてみようと思います。

 

 f:id:tasuku-sato1986:20180906195215j:image

 

先ずは定番のエリクサーを張ってみます。

言わずと知れたコーティング弦の代名詞ですね。

 

サウンドについてですが賛否両論ありますが私個人の意見としてはエレキ弦に関してはあまり好きではありません。

張った時と確かに変わらぬトーンが持続しますが最初から弦をある程度殺して鳴りを閉じ込めた感じが不自然で

その独特のコンプレッション感とペチペチしたゴムみたいな感触が苦手なのです。

 

 

しかしながらさすがは元祖!弦の寿命は最強です!!

そのため使用頻度の少ないギターにはたまに使ったりしております。

 

ちなみに私はアコギはテイラーを使用しているのでアコギ弦はテイラーの出荷時に張られているエリクサーを使用しております。

 

 

では、上記のエリクサーを基準としてダダリオのコーティング弦を張ってみた感想をご紹介してまいります。

 

f:id:tasuku-sato1986:20180906195249j:image

エリクサーと比べ質感は非常にナチュラルで抜けの良いブライトなサウンドが特徴です。

また、コンプレッション感は適度なまとまりなので使いやすい高域のピークです。

 

コーティングがエリクサーよりもモッタリしている感じではないので指の感触もあまり違和感は感じません。

テンションもいたって普通のダダリオの弦でペチペチした鳴りは一切ない印象です。

 

 

ヴィンテージライクのサウンドが好きな人はエリクサーよりも断然ダダリオのコーティング弦を使用したほうがいいと思います。

 

しかし、寿命といった点ではやはりエリクサーに軍配が上がります。

 

また、アンプで深く歪ませるドライブサウンドが好きな人は後のピークが少し低い位置にある

エリクサーのほうが音にまとまりと厚みがあっていいかもしれません。

 

 

というわけで初めてエリクサー以外のコーティング弦を使用してみたのですが実にダダリオらしいブライトで

ヴィンテージライクなサウンドにマッチする質感でリピートしたくなる弦でした。

 

個人的には超好きすね!!

 

エリクサーの独特の鳴りに違和を感じているユーザーにはぜひおすすめしたいコーティング弦です。

 

というわけでダダリオのコーティング弦のレビューでした、ご興味がある方は一度チェックしてみてください!!

 

ではでは、ZONO SATOでした。

山下達郎さんのライブに行ってきた!神奈川県民ホール2018年9月3日

どうも、ZONO SATOです。

 

昨日、9/3()に神奈川県民ホールにて山下達郎さんのライブに行ってまいりました。

 

f:id:tasuku-sato1986:20180904224551j:plain

今年もありがたいことに無事にチケットが取れManiac Tourからの連続ライブ鑑賞記録を伸ばしております。

 

神奈川県民ホールはやはりなかなか遠かった!!

しかしながら達郎さんが気に入っているホールらしいので文句は言いません。

ライブを見れるだけでも本当にありがたい事です。

 

あまりセットリストに触れるとネタバレになり申し訳ないので誰でも予測できる鉄板ナンバーのみの感想を書いていこうと思います。

 

昨日、一番印象的だったの曲はやはりライブの定番「RIDE ON TIME」でしょう!

泣く子も黙る大ヒットナンバーなのですごい盛り上がりをみせるライブの山場ですが

なんと昨日は急に声が擦れてきて歌えなくなってしまったのです。

 

ご本人も「今日はお客さんがいいから張り切りまくってます」っておっしゃっていたので飛ばしまくってここで一気に疲れが出たのかなーって印象です。

 

正直、ボロボロって感じでいつも曲のシメにマイクなしでやるパフォーマンスも頑張れーって応援したくなる感じで悲惨なものでした。

 

本人も大変悔しそうでその姿に少し寂しさを感じました。

 

見ている他のお客さんもさすがの音楽お化けも65歳という年齢には勝てないのかと思った方もいると思います。

 

 

そしてその後の曲で何とか声が回復して無事に歌い切って一安心だったのですが

なんと達郎さんが急にギターでミュートのカッティングを始めまさかの「RIDE ON TIME2回目をスタートしたのです!!

 

2回目はギリギリな感じはありましたが頑張れーと言うみんなの思いに応えるべくマイクなしのパフォーマンスまでしっかりやり遂げました。

 

 

なんというプロ根性、凄まじい負けず嫌いな姿勢に改めて心を打たれ感動しました!

 

 

さすがにトップ中のトップ!

アスリートと同じくストイックでこれぐらいのタフなメンタリティがないとレジェンドにはなれないんだなーとしみじみと感じました。

 

毎度のことながらバンドメンバーの演奏は最高!

ギター×2、ベース、ドラム、キーボード×2きっちっきちの6リズムと至高のグルーブとサックスの宮里陽太さんのソロプレイは圧巻です。

達郎さんも近年のMCでは「歴代最高のメンバー」と言っておりそのクォリティは疑う余地はございません!!

 

 

私は運良く11月の川崎のライブもチケットがゲットできたので再度、ライブを細かく味わって自身の音楽の糧にしていこうと思います。

 

また、アルバムを毎年出しますと言っておりますが来年こそは本当に出しますと言っていたので楽しみに待とうと思います。

 

 今回のツアーTシャツもとても素敵でオシャレなので満足しております!!

 

f:id:tasuku-sato1986:20180701025117j:plain

f:id:tasuku-sato1986:20180701025144j:plain

 

ではでは、ZONO SATOでした。

 

ストラトのスプリング交換で音がすごく変わる!Raw Vintage RVTS-1レビュー

どうも、ZONO SATOです。

今回はストラトのスプリングを交換についてです。

交換に使用したスプリングは「Raw Vintage Tremolo Springs RVTS-1」をチョイスしました。

 

シンプルな改造ですが想像以上の効果が得られたのでこのスプリングの個人的なレビュー、評価、感想をご紹介したいと思います。

f:id:tasuku-sato1986:20180813103723j:image

賢明な読者ならストラトの改造パーツとして定番のアイテムとしてもう言うまでもないだろう(魁!!男塾風の語り笑)

 

なぜ、私がこのバネに最近興味を持ったかというと

最近PRSから発売されたジョンメイヤーモデルのストラトを意識したギターはアームのバネが4本の使用だったのでバネが増えたら鳴りが変わるのかな〜と思い好奇心が押さえられなかったからです。

 

ジョンメイヤーモデルの場合はアームをベタ付けにしてプレートの鳴りをよりダイレクトにボディーに伝達させる狙いのためちょっと意図が違うのですがストラト用スプリングを調べているとこの「Raw Vintage Tremolo Springs RVTS-1」に辿り着きました。

 

以前から存在は知ってましたがスプリングぐらいでは音かわんねーだろって舐めてました。

しかしレビューをみると「音が太くなった」と言うコメントが多いいので金額¥2000と安いので交換も簡単だしアマゾンでポチりました。

f:id:tasuku-sato1986:20180813114953j:image

説明書によるとこのスプリングは一本のパワーは弱く通常よりも柔らかいもので基本的に4〜5本で使うようです。

 

ではさっそく装着です!

f:id:tasuku-sato1986:20180813103805j:image

このRVTS-1を5本張っても以前まで張っていた3本のバネと比較してもトルク感は変わりませんでした。

 

5本張ってもベタ付けになるほどバネのパワーは強くないのでフローティングの設定も余裕で可能です。

 

また、バネが柔らかくしなやかなのでチューニングが向上したイメージです。

 

さて、重要なサウンドが変わったかというところですが

物凄く変わりました!!

 

具体的に言うと

 

「音に輪郭が出てタイトな鳴りに変わった」

「音が大きくなった」

 

と言う印象です。

 

また、ボディの鳴りをより伝達しやすくなるので木材のキャラクターをよりはっきりアウトプットしてくれると思います。

 

きっと5本のバネがボディーの鳴りを補助してくれているのでしょう。

 

生で弾いてもゲキ鳴りです!!!

 

アンプに繋がなくても倍音が気持ちよくてジャカジャカ弾いていて楽しくなりました。

 

試しにジョンメイヤーモデルと同じく4本張で試してみたのですが5本時の強烈な鳴りと比較すると寂しくなったので5本で使うのが私は好きです!!

 

シンプルだけど最高のパーツですねこれ!!

 

ピックアップ変えるよりも超簡単でギターをワンランク上の鳴りに変えてくれるのでストラトユーザーには是非ともオススメしたいアイテムです。

 

色々、販売価格をチェックしてみましたが楽器屋で買うよりもアマゾンや楽天で買ったほうが安いのでお得です。

 

もし、ご興味があればチェックしてみてください。

 

ではでは、ZONO SATOでした。

TECH 21 FLY RIG RK5の本気レビュー

※記事の一切の転載を禁じます。

 

どうも、ZONO SATOです。

今回はライブ&レコーディングに大活躍なオススメのアナログマルチエフェクター

「TECH 21 RK5」についてのレビュー、評価、感想をご紹介します。

f:id:tasuku-sato1986:20180805102737j:image

 

こちらのエフェクターはスーパーギタリストのリッチー・コッツェンのシグネチャーモデルです。

 

特徴はプリアンプ&オーバードライブ&ディレイが一つのエフェクターにまとまっている利便性が高いところでしょう!

 

しかも重量はわずか500g!!!

 

500mlペットボトル一本分です。

 

普通はこれだけの種類のエフェクターを揃えて持ち運んび使うと結構な重量ですよね!

 

それがこのエフェクターでは超身軽でライブでの移動に疲れません!

 

 

また、基本となるプリアンプ「SANS AMP」がキャラクターが強いのでどのアンプに繋いでも同じトーンをアウトプットしてくれますので現場のアンプでの違いで音作りで困ることはありません!

f:id:tasuku-sato1986:20180805132917j:image

 

ラインにも繋げるのでアンプに繋がずそのままダイレクトボックスを通してPAになんてのも可能ですし私はレコーディングでもそのままオーディオインターフェイスに繋いでも使用しております。

 

音質に関しましては信じられないぐらいアナログです!

 

と言うわけで非常に使い勝手がよくアーティストグッズに収まらないポテンシャルを持ったエフェクターなのです。

 

肝心のオーバードライブユニットですがこれはTECH 21から販売されているリッチー・コッツェンモデルのオーバードライブエフェクターが内蔵されております。

 

乾いた歪みで音の粒立ちが荒々しくワイルドで存在感があるサウンドをアウトプットします。

f:id:tasuku-sato1986:20180805133215j:image

マーシャル系、フェンダー系と区別するのは難しいですが強いていえばマーシャル系でケトナーの歪みをもっと音の粒を荒くしてさらにアナログにして乾かした感じのサウンドかな?

 

ディレイに関しましてタップ機能もついているので曲に応じたテンポで使用できます。

音の印象はこれは結構クールで整ったデジタルっぽい感じです。

f:id:tasuku-sato1986:20180805133148j:image

まぁ、文字では難しいですので気になった方はYouTubeで本人の機材紹介動画を見てみてください。

 

ライブやセッションの際にはギターケースにポンと入れていけば良いしレコーディングでも大活躍で非常に利便性の高いエフェクターとなっております。

 

この「TECH 21 FLY RIG」シリーズは人気で他にもUSメタルやブリティッシュ、プレキシをモチーフにしたバージョンやアコギ用もあったりしますので自身の音楽スタイルにあったものをピックアップしてみてください。

 

私はRK5を選んだ理由としてリッチー・コッツェンが好きだからというのはもちろんですがアナログ感がしっかりあり個性的で乾いた質感のロックサウンドをアウトプットしてくれる最高のエフェクターだと思ったからです。

 

この「TECH 21 FLY RIG」は非常にエフェクター業界でも影響力があったようで他のブランドではチューナーがついたりリターンがついたりしてさらに利便性を高めたものもありますがサウンドが一番良いのはやはり元祖の「TECH 21」でしょう!!

 

私は3〜4年前に購入したのですがまだまだ人気は衰えず品薄状態だと思います。

 

皆さんも興味があればチェックしてみてください。

ではでは、ZONO SATOでした。

業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!

TOKAI ES-335タイプのセミアコの本気のレビュー

どうも、Z0N0 SATOです。

今回は私の近年においての最も使用頻度が高いギターTOKAIのES-335タイプのセミアコES-185について4〜5年使用したガチのレビュー、評価、感想をご紹介いたします。

f:id:tasuku-sato1986:20180726105048j:plain

これは本当にバランスが良いので使い勝手よくて重宝しております。

どんなジャンルもカバーできるのでどこに行くにもファーストチョイスはこのギターと言っても過言ではないのです。

 

1963年生のES-335を所有するMatt Schofieldがライブで使用しておりその影響から

TOKAIのES-335は今から4〜5年前にバカ売れして品薄状態になりました。

 

「リーズナブルなのにハイクォリティで今のギブソンよりもギブソンの音がするなど」たくさん評価を受けておりました。

 

しかし、近年の中古市場を見るとほぼ使用していないピカピカの状態で手放されたTOKAIのES-335タイプのギターが良く出回っております。

 

これは同じ楽器のユーザーとしてはこのギターの良さがしっかり伝わっていないと考えると非常に悔しいのです…

 

なぜ、このように新品同様で手放す人が多いのかと言うと恐らく、

「イメージしていたギブソンのES-335とサウンドが違う」と言うことに尽きるのではないでしょうか?

 

 

なぜ、この様なギャップが生まれているのか、何故外国では狂った様に評判がよかったのかを解説いたします。

 

日本人の多くのES-335のサウンドのイメージはラリー・カールトンやクリーム時代のエリック・クラプトンのだと思います。

https://www.instagram.com/p/BesrDBsgxIr/

エアー感の中にセンターブロックのゴリっとしたワイルドで泥臭い中域が鳴りに憧れてみなさんES-335を手にするのだと思います。

 

 

しかし、TOKAIのES-335シリーズは高音域に比重が強くパリンとあっさりしていて抜けがよくポップスなどのカッティングに使えるギターと言う印象です。

 

なのでこの音のイメージの違いから「こんなのギブソンの335の音じゃねーじゃねーか」とか「結局は本家によく似せたコピー止まりかよ」とか言って殆ど弾かずに手放してしまう人が多いのだと思います。

 

じゃあ、なんで海外では凄く高評価なのか?

ギブソン以上にギブソンの音がすると言われるのか?説明がつきませんね。

 

それでは引き続きその謎を解説していきます。

 

日本人の多くのギブソンES-335のサウンドのイメージは60〜70年初期までのES- 335の音なのだと思います。

 

しかし、TOKAIのES-335はもっと初期の50年代末期〜60年代初期までのES-335のサウンドをイメージしていると思われます。

 

実際に私は1968年製(75万円)と1959年製(480万円)のGibson ES-335を弾いたことがありますが全然音が違います。

https://www.instagram.com/p/BHFbJLqAYGg/

1958年製Gibson ES- 335

 

1959年製(480万円)のGibson ES-335の方がTOKAIのES-335の音に非常に近いのです。

 

60〜70年初期までのES- 335とTOKAIのイメージしている50年代末期〜60年代初期までのES-335ではサウンドの肝となるセンターブロックの構造が違うので音質が大きく変わってきます。

 

なのでラリー・カールトンをイメージしてTOKAIのES-335を買うと全然ギブソンのサウンドと違うじゃねーかとか文句を言って手放してしまうのでしょう。

 

なのでこれからES-335を購入することを検討している方は自分の求めるサウンドのイメージに注意して選んでください。

 

また、TOKAIでご検討の方は中古美品が多いのでとっても狙い目の良質なギターなのでオススメです!!

 

ではでは、ZONO SATOでした。

未来のミライを観た31歳おじさんの感想、評価、レビュー

どうも、ZONO SATOです。

本日7月20日より公開になった映画「未来のミライ」を観てまいりましたので個人的な評価、レビューを書いてみます。

f:id:tasuku-sato1986:20180720201903j:image

私がこの映画を観た理由はなんと言っても山下達郎さんのファンだからです。

この映画のオープニング&エンディングを達郎さんが手がけると言うことでラジオ「サンデーソングブック」でも告知をしていたのでついつい公開日に足を運んでしまいました。

 

この映画を見た率直な感想ですが…

 

私は全く好みではありませんでした。

 

なんか、表現が少女漫画みたいでナヨナヨしている。

また男の子の描写が妙にヌルッとしていて少し独特のセクシャリティを煽るような印象を受けてしまいました…

 

くすぐり遊びをおねだりとかちょっとそこは引っ張らなくてもいいなんじゃない?とかね。

 

まぁ、おじさんがみる作品ではなかったようです。

 

星五つで評価いたしますと…

★★

二つ星ですね。

 

劇中のセリフを使うとすると

 

「全然、好きくない!!!!!!」

 

家族の絆やなんかを表現するような同系統の作品では「となりのトトロ」や「崖の上のポニョ」とかも同じぐらいの歳の子が主人公ですがこの年になっても引き込まれます。

 

宮崎駿監督は偉大だなーなんて帰りがけにしみじみと思いました。

 

アニメ映画を全く見ない訳ではないのですが一昨年に流行った「君の名は」も全くハマらなかったのです。

 

また、ジブリの後継者と評価を受けている米山監督の作品も凄く違和を感じて好きにはなれませんでした。

 

細田監督、新海監督、米山監督、私は全部ハマりません!!

 

きっと宮崎駿監督の影響を受けていると思うのになんかナヨナヨしていて乙女チックな感じの表現が私は消化できません。

 

絵の美しさやファンタジーの世界ばっかりで宮崎駿作品のリアルな人情味なんかが薄っすらとしか継承されていない印象です。

 

人の優しさ、温かかみ、憎しみ、エグ味、などの表現をリアルにしっかり継承した宮崎駿の正当後継者のはやはりヱヴァンゲリヲンの庵野監督だと思っております。

 

未来のミライの公開前に「シンヱヴァンゲリヲン」を2020年に公開するという予告が今日映画館の中で一番興奮した出来事でした笑

 

という訳で一方的な映画の感想ですがおじさんの個人的な愚痴なので気にしないでくださいねー。

 

山下達郎さんの「ミライのテーマ」「うたのきしゃ」はとってもいい曲です!!

うたのきしゃなんて90年代を彷彿とさせる仕上がりでノリノリでファンキーで夏!!!って感じで最高です。

 

あとカップリングの映画サマーウォーズの主題歌「僕らの夏の夢ライブヴァージョン」もマジで凄いので気になる方はチェックしてみてください!

 

 

ではではZONO SATOでした。