前園系ギタリストZONO SATOのギターブログ

前園系ギタリスト、ZONO SATOこと佐藤タスクの大好きなギターや音楽について書くブログ

ストラトのスプリング交換で音がすごく変わる!Raw Vintage RVTS-1レビュー

どうも、ZONO SATOです。

今回はストラトのスプリングを交換についてです。

交換に使用したスプリングは「Raw Vintage Tremolo Springs RVTS-1」をチョイスしました。

 

シンプルな改造ですが想像以上の効果が得られたのでこのスプリングの個人的なレビュー、評価、感想をご紹介したいと思います。

f:id:tasuku-sato1986:20180813103723j:image

賢明な読者ならストラトの改造パーツとして定番のアイテムとしてもう言うまでもないだろう(魁!!男塾風の語り笑)

 

なぜ、私がこのバネに最近興味を持ったかというと

最近PRSから発売されたジョンメイヤーモデルのストラトを意識したギターはアームのバネが4本の使用だったのでバネが増えたら鳴りが変わるのかな〜と思い好奇心が押さえられなかったからです。

 

ジョンメイヤーモデルの場合はアームをベタ付けにしてプレートの鳴りをよりダイレクトにボディーに伝達させる狙いのためちょっと意図が違うのですがストラト用スプリングを調べているとこの「Raw Vintage Tremolo Springs RVTS-1」に辿り着きました。

 

以前から存在は知ってましたがスプリングぐらいでは音かわんねーだろって舐めてました。

しかしレビューをみると「音が太くなった」と言うコメントが多いいので金額¥2000と安いので交換も簡単だしアマゾンでポチりました。

f:id:tasuku-sato1986:20180813114953j:image

説明書によるとこのスプリングは一本のパワーは弱く通常よりも柔らかいもので基本的に4〜5本で使うようです。

 

ではさっそく装着です!

f:id:tasuku-sato1986:20180813103805j:image

このRVTS-1を5本張っても以前まで張っていた3本のバネと比較してもトルク感は変わりませんでした。

 

5本張ってもベタ付けになるほどバネのパワーは強くないのでフローティングの設定も余裕で可能です。

 

また、バネが柔らかくしなやかなのでチューニングが向上したイメージです。

 

さて、重要なサウンドが変わったかというところですが

物凄く変わりました!!

 

具体的に言うと

 

「音に輪郭が出てタイトな鳴りに変わった」

「音が大きくなった」

 

と言う印象です。

 

また、ボディの鳴りをより伝達しやすくなるので木材のキャラクターをよりはっきりアウトプットしてくれると思います。

 

きっと5本のバネがボディーの鳴りを補助してくれているのでしょう。

 

生で弾いてもゲキ鳴りです!!!

 

アンプに繋がなくても倍音が気持ちよくてジャカジャカ弾いていて楽しくなりました。

 

試しにジョンメイヤーモデルと同じく4本張で試してみたのですが5本時の強烈な鳴りと比較すると寂しくなったので5本で使うのが私は好きです!!

 

シンプルだけど最高のパーツですねこれ!!

 

ピックアップ変えるよりも超簡単でギターをワンランク上の鳴りに変えてくれるのでストラトユーザーには是非ともオススメしたいアイテムです。

 

色々、販売価格をチェックしてみましたが楽器屋で買うよりもアマゾンや楽天で買ったほうが安いのでお得です。

 

もし、ご興味があればチェックしてみてください。

 

ではでは、ZONO SATOでした。