前園系ギタリストZONO SATOのギターブログ

前園系ギタリスト、ZONO SATOこと佐藤タスクの大好きなギターや音楽について書くブログ

SIT STRINGS Power Wound半端ないって!

抜群のチューニングの安定性とパワフルなトーンのギター弦

SIT STRINGS Power Woundのレビュー&評価


どうも、ZONO SATOです。
今回はギター弦「SIT Power Wound」についての個人的な感想、評価、レビューをご紹介いたします。

f:id:tasuku-sato1986:20181112103301j:image

ギターの弦って迷いますよね…いつまでたっても迷子になります。


私の弦の遍歴ですが

アーニーボール→ギブソンハムバッカーストリングス→エリクサー→ダダリオXL→SIT Power Wound(今ココ!!)という感じです。

 

ここ2年は今回ご紹介するSIT Power Woundを使用してます。

 

私がなぜこの弦を使用し始めたのかというと

 

私の大好きなB'zの松本孝弘さん使用のギター弦だからです。

 

入り口はいたってシンプルなミーハー魂なのです。


では早速使用した感想についてご紹介して参りましょう!

 

弦の質感はパワーワウンドという名の通りすごくハリがあり他社の定番アイテムと比較すると簡単に折れたり変に形付かず

 

形状記憶合金かな?

 

って思うぐらいタフな弾力があります。


なので弦のテンションも少し強めな印象です。


音は弦の印象通りパーンとハリがあり艶やかで明るくパワフルなトーン!

 

しかしそれでいてアーニーみたいに高域がキラキラしてロックロックしてるのではなく

 

SITは全体的にバランスがよく音のまとまりと線の太さを感じられます


この奥行きというか深みがありますので色んなジャンルに嫌味がなくマッチします。


具体的なトーンのイメージをお伝えすると…

 

細川たかしさんのパワフルで瑞々しい弾けるような歌声みたいな感じですね。


そして一番感動したのは…

 

チューニングの安定感です!!


なんといってもこの弦の一番のポイントでしょうね!

弦を張りたてからの時間のロスがほとんどない。


弦交換後にチューニングを何度も繰り返しすることがないのでストレスから解放されます!

 

長時間プレイしてもチューニング全然気にならないですし最高です。

 

なのでストラトなどのアームを使うギターには絶対にこのSIT Power Woundを使用しております。

 

でないと怖くてアーミングができません。

私はストラトには絶対にコレです!

 

また、弦の触り心地ですがとても滑らかでダダリオみたいに突き刺さる感じはありません。


あと見た目で明らかに錆びてるなーって感じたこともないですね。

 

以上が私がこの弦を約2年間使用した感想となります。


さっきも申しましたが他の弦よりもタフで弦の弾力がありますのではじめて使う方はその質感にとても驚くと思います!


このタフな弾力が艶のあるトーンやチューニングの安定につながっているのだと思います。


コーティング弦ではないのですが弦の張りがパワフルため定番のダダリオのXLやアーニーのスリンキーよりも寿命が長い気がします。

 

そこも私が気に入ってるポイントです。


コスパも高く2パック1200円ぐらいとアーニーやダダリオと変わりません!!

ましてや上記2社の同価格帯の定番アイテムより寿命が長いって言うのだからSIT勝利ですね!

 

SIT 半端ないって!!

コスパ高くて音も良くて寿命も長いって最強やん

そんなんできひんやん普通 !!

f:id:tasuku-sato1986:20181112103340j:image

もし気になった方は一度試してみる価値ありですよ。

 

 まじでオススメのギター弦です!!

 

チューニングの安定を求める方、またはアームを多用するなんかは要チェックです。


今度はもちょっと値段は上がりますがヴィンテージトーンにオススメと紹介のある「SIT POWER GROOVE」ってやつを試してみたいと思います。

ではではZONO SATOでした。