前園系ギタリストZONO SATOのギターブログ

前園系ギタリスト、ZONO SATOこと佐藤タスクの大好きなギターや音楽について書くブログ

ダダリオ製 PLANET WAVES American Stage Instrument Cableのレビュー

あのロベン・フォードが使ってるギターシールド ダダリオAmerican Stage Instrument Cableをレポートします!!

 

どうも、ZONO SATOです。

 

先日、某楽器屋のお客様感謝デーという事でとても格安で良質なギターのアイテムが複数手に入ったのです。

 

Planet Wavesの1本1万円するギターストラップやコンバットギターが発売していたオヤイデケーブルを使用したオカルティックなこだわり抜いたシールドなど

私はシールド2本、ストラップ2本を購入しました。

f:id:tasuku-sato1986:20181218114703j:image

これだけ買ってなんと2,000円ポッキリです!!

 

 

イヤー、衝撃的ですね…おそらく全部で総額は通常価格で買えば20,000円以上はすると思います。

 

福袋の前にもうお得なアイテムをゲットしちゃいました。

 

しかも自分の好みでね。

 

今回はその中で購入したアイテムの一つ「D’Addario Planet Waves American Stage Instrument Cable」を使てみた感想をレポートします。

 

f:id:tasuku-sato1986:20181218114612j:image

私はこのシールドの3mのものを購入しました。

機材には結構ズボラで面倒くさがりな私。

シールドにもさほど興味がなく何でも良い派です。

 

極端に安くなければそんなに変わるものではないと思い今もライブではカナレや同じくPlanet WavesのClassic Instrument Cablesというそんなに高くないシールドを使っています。

 

 

ちなみにレコーディングや家弾きでは気を使い短めのLIVE LINEのStudio Seriesを使用してます。

 

私の感覚ではシールドは消耗品なのであまりコストをかけたくないという気持ちがありました。

 

ましてやライブなどでは長いケーブルを使って音が劣化するんだから細かい音のニュアンスなどはわからないだろうと思っているので

丈夫さとコスパで良いものを重視して選んでいました。

 

このAmerican Stage Instrument Cableのシールドの使用者を調べてみると

 

私の大好きなギターヒーロー「Robben Ford」と「John Scofield」が使っているではないですか!!

f:id:tasuku-sato1986:20181218130406j:image

ロベン曰くこのシールドの気に入ってるところは

 

・ギターから出た音をそのままアンプに伝えられる

 

・自分の弾いたギターの音へのネガティブな影響が全くない

 

・D’Addarioの弦の工場のすぐ近くで、同じようにアメリカ国内で作られているという安心感


といった点を挙げています。

 

ロベンが使っているなら間違いないだろうという事で早速アンプに通してギターをならしてみました。

 

音は素直でストレートでバランスが良く

ヴィンテージっぽく乾き過ぎずクリアで明るめのトーンの印象です。

 

そして一番驚いたのは音の出て行き方です。

 

ホースの水が蛇口からどんどんホースの先端へ流れ出て行くようにギターの弾いた音がピックアップを伝わりシールドを通ってどんどん押し出すように音の球がアンプから出てくる感覚です。

 

 

表現するのが難しいですが本当に水の流れみたいな音の流れを感じ取れるんです。

 

こりゃスゲーは。

なんか初めての感覚!!

 

 

国産のシールドも悪くないですがプロヴィデンスやLIVE LINEのStudio Seriesは中音域と低域に丸みを持たせた甘いトーンのものが多いい気がするのでこのAmerican Stage Instrument Cableはやっぱり名前の通り

アメリカ!!

って感じのトーンがします。

 

さすがロベン・フォードおすすめのギターシールドだぜ!!

 

 

こいつを新品で500円で購入できるなんてラッキーだ。

 

神さまありがとう!!

 

長いシールドはハイ落ちするからどうでもいいぜと思ってましたがこのケーブルに出会って意識が変わりました。

 

今後はライブのシールドもやっぱいいものを使います。

 

というわけで以上がAmerican Stage Instrument Cableを使ってみた個人的な評価、感想となります。

 

アメリカンなサウンドを求めるプレイヤーでしたらこのシールドを一度試してみてはいかがでしょうか?

 

ではでは、ZONO SATOでした。