前園系ギタリストZONO SATOのギターブログ

前園系ギタリスト、ZONO SATOの大好きなギターや音楽について書くブログ

ダダリオのアコギ弦 D'Addario NB のレビュー

新感覚のアコースティックギター弦 

D'Addario NB のレポート!

 

どうも、ZONO SATO です!!

最近、アコギの弦を気分転換でいつもと違う弦に張り替えたのでその事について書いてみます。

 

私は普段アコギの弦にはエリクサーを張っております。

素材はフォスファーブロンズ弦が好みです!

 

使用するテイラーのアコギにはエリクサーがデフォルトで張ってあり推奨されておりますので特に不自由もないのでずっとエリクサーの弦を張っていました。

 

しかし、マンネリ化してきて新たな刺激が欲しくなったため違う弦を物色していきたどり着いたのが今回ご紹介致します「D'Addario nickel bronze acoustic strings」です。

f:id:tasuku-sato1986:20190321222806j:image

この弦はエレキ弦で超人気を博している「D'Addario NYXL」のアコギバージョンという位置付けでしょうか?

 

売り文句と特性がNYXLと一致しておりますのですごく興味をそそられ購入しました。

 

やっぱノーコーティングなのに超寿命って最高ですよね!

 

この弦は80/20 bronzeやフォスファーブロンズの弦とは異なりニッケルを使用しているのが特徴です。

 

弦は80/20 bronzeやフォスファーブロンズの金色や赤みがかった色ではなくエレキ弦と同じ

銀色です!

f:id:tasuku-sato1986:20190321222832j:image

凄く違和感がありますね。

 

 

さぁ、果たしてどんな音がするのか私の個人的な感想、レビューをご紹介してまいります!

 

まず、音質は

80/20 bronzeとフォスファーブロンズの合体したような音。

どちらかと言うとフォスファーブロンズ寄りのトーンです。

 

フォスファーブロンズに似た倍音豊かな煌びやかさはありますがそこまで派手ではなくどこか適度に落ち着いた印象でとてもバランスがよく使いやすいトーンです。

 

また、他の弦よりもパワーを感じますので同じ弦の太さでも音が大きい印象です。

音がガンガン前に出てきます。

 

そして一番驚いたのはピッキングニュアンスというのかタッチのレスポンが非常に反映されやすいことです!

 

ピックの厚みや角度などピッキングの強弱などが他の弦よりも音が変わるのでハマると凄く楽しいです!!

 

 

NYXLの特性としてチューニングの安定性についてですが張ってすぐにビシっとチューニングが決まるわけではなく普通の弦と同様に慣らしは必要ですがそれでも他の弦と比較して安定するまでは早くそしてプレイ中に狂う事も少ないので素晴らしいですね!

 

私はフォスファーブロンズに慣れてしまっているので少しギラギラ感が物足りない感じがしましたが徐々にタッチのニュアンスのが出まくるこの弦の特徴に魅了されつつあります。

 

超寿命ですのでしばらくはこのまま楽しんでみようと思います。

 

アコギ弦で新しいものを試してみたい方は一度トライしてみてはいかがでしょうか?

 

ではでは、ZONO SATOでした。

オススメのギターピック"JIM DUNLOP ULTEX"のレビュー

ナチュラルトーンが魅力!

“ジム・ダンロップ ウルテックス”のレビュー

 

どうも、ZONO SATOです。

最近、アコギ用にピックを色々と物色してまして気に入ったものが見つかったのでご紹介しようと思います。

 

私は2年程、本鼈甲のピックを使用しております。

f:id:tasuku-sato1986:20190311153553j:image

理由は敬愛するギタリストROLLYさんが鼈甲のピックを大事に使っているというので試したところすごく手触りやクリアでナチュラルなトーンそして削れにくいので超寿命というのが素晴らしく私も虜にされたからです。

 

最近、アコギでアップテンポの曲をやるようになって鼈甲の0.8~1.0ミリの厚みではうまく弾けなかったので薄いけど鼈甲のトーンに近いナチュラルな音質のピックを探し求めていたところ素晴らしいピックに出会いました!

 

それが

JUM DUNLOP ULTEXです!

f:id:tasuku-sato1986:20190311153535j:image

このウルテムという素材を使ったピックは人の爪で引いたような音に近いナチュラルな音質が特徴です。

 

まさに鼈甲のピックの特徴に一致します!!

 

指に吸い付くような本鼈甲の質感は流石に無理ですがクリアな音の抜け感や粘りがあるピックのしなり方などはとても似ているのです。

 

このナチュラルでクリアな抜け感というのがアコギを弾く上でマッチしているので重宝しますね!

 

本鼈甲のピックはやはり高いので700~1000円ぐらいしますがこのULTEXは通常のピックの価格100円ですので気を張らずに管理できます。

 

耐久性、削れ方に関しては削れにくいと思います!

ここも本鼈甲と似ているので超寿命で非常にリーズナブルでいいですね。

 

ハマりまくって現在は曲のテンポ、弦の太さに合わせて3種類のピックの厚さを使い分けています。

  

というわけで アコギによくハマるピックが見つかってとっても満足しています。

たったコレだけでもギターを弾くのが楽しいですね!

 

エレキ用にもティアドロップの1.0ミリも購入したので本鼈甲と比較しながら練習すのるが楽しみです。 

 

とってもいい質感のピックなのでもし気になった方はチェックしてみてください!!

 

ではでは、ZONO SATOでした。

アコギのストラップピンがなくお困りの人にオススメ"ダダリオ Quick Release System"

D'Addario Acoustic Quick Release Systemのレビュー

 

どうも、ZONO SATOです。

今回はアコースティックギターのネック部分にストラップピンがなくお悩みの方におすすめしたい便利アイテム「D'Addario Acoustic Quick Release System」をご紹介致します。

f:id:tasuku-sato1986:20190311122124j:image

 

私が持っているJ-45タイプのギターは音がいいのですがネックのヒール部分にストラップピンがついておらず長年ライブなどでは使ったことがありませんでした。

f:id:tasuku-sato1986:20190311123925j:image

ここは思い切ってストラップピンを増設しようと思ったのですがやはり美しいルックスのギターに穴を開けるのは気が引けるのでストラップの紐をヘッドにかけるフォークソングスタイルで頑張ろうと思いましたが紐がついたギターストラップはダサくかっこいいものがないので断念しました…

 

そうして長年悩んでいるとつい先日ギター屋さんのアコギフロアでとってもいいアイテムを見つけました。

 

それがこの「D'Addario Acoustic Quick Release System」です。

f:id:tasuku-sato1986:20190311122154j:image

この使い方は超シンプル!!

写真の通り二つのループになっている紐をギターのヘッドとストラップの先端に通してカッちんと合体させるアイテムです。

f:id:tasuku-sato1986:20190311122220j:image

f:id:tasuku-sato1986:20190311122248j:image

これがマジでめちゃくちゃ便利です!!

 

たったこれぽっちの事ですがストラップのルックスに悩まされることなくお気に入りのストラップをアコギにマッチさせることができそして何よりギターに穴を開けずにストラップを使用できるのが最高です。

 

マジで感動しました!!

 

普通のピラピラな紐を結んで固定されるよりもループを通してしっかり固定するので結び目が緩むなど心配がなく安心感があるのも非常にポイントが高いですね!!

 

またプラスチック部分が通常の紐を通すだけよりもモダンな感じでフォークロック感が薄まります。

 

普段はエレキばっかり弾いているのでこんなに良いアイテムがあったのに全然気がつきませんでした。

 

もし同じ悩みを抱えている方がいらっしゃったら是非オススメのアイテムですのでチェックしてみてくだい!!

ではでは、ZONO SATOでした。

 

第3の選択肢に!DUNLOPエレキギター弦レビュー

気になるけど手が出ない!

ダンロップのギター弦ってどうなのよ?

 

どうも、ZONO SATOです。

 

今回はDUNLOPのギター弦を張ってみた感想、個人的なレビューをご紹介してまいります。

f:id:tasuku-sato1986:20190304111721j:image

DUNLOPのギター弦をなかなか進んで買おうとは普通は思わないと思います。

やはり、メジャーどころのダダリオやアーニーボールを一般的には購入する方が多いでしょう。

 

存在は知りつつ気になりながらも中々手が出ないブランド

 

きっとそんな感じの方も多いと思います。

 

私がなぜこの弦を手に入れたかというと楽器やさんの福袋に入っていたという理由です。

 

なので私もこのDUNLOPの弦は初体験でした。

 

使っているアーティストを見ると

・METALLICA

・Slash

・Joe Bonamassa

 

というガッツと圧力のあるプレイヤーたちが並んでいます。

 

という事で私は彼らたちが使っているハムバッカーと相性が良いのだろうと思いレスポールにこのDUNLOPの弦を張ってみることにしました。

 

 

開けるとこんな感じです。

f:id:tasuku-sato1986:20190304111847j:image

各弦ごとに小包装されておりそして弦の鮮度を保つためビニールでパッキングしてその上乾燥剤まで同梱されているなんとも丁寧な仕事ぶりでこの心づかいに非常に感激しました。

f:id:tasuku-sato1986:20190304111954j:image 

 

ではでは、肝心のトーンについてですがパッケージの裏側に記載の通り温かみのあるミッドレンジが特徴的です。

f:id:tasuku-sato1986:20190304112043j:image

非常に落ち着いていてまとまりのある太くてウォームなトーンです。

ダダリオのヴィンテージライク、アーニーのギラギラとは明らかに違った特徴で弾いていて楽しくなります。

 

 

なるほど!ハムバッカーによく合うなーって感じです。

 

あんまりにも強気な売り文句が書いてあるので本当かよって思いましたがマジでした。

誇大広告ではありません!!!

 

弦のテンションは若干弱めな印象。

それ故にウォームな中音域が出てくるのかなと思います。

 

ミッドレンジが強いからと行って高音域の美味しいところが出てこないわけでは有りません!

 

決してアーニーみたいに派手ではないですが非常にクリアでストレートにアウトプットしてくれますので気持ちがいいです。

 

このヌケのいいクリアなトーンがパッケージ裏の売り文句「エクセレントダイナミクス」に繋がっていると思います。

 

以前、SIT stringsを細川たかしさんの歌声とたとえましたがこの弦はクレイジーケンバンドの横山剣さんみたいなトーンです。

 

解りづらいかな?でも私の印象はこんな感じです。

 

価格も500円と安いですしとてもいい弦でので一度試してみる価値はアリですよ!!

 

皆さんもダダリオやアーニーボールに飽きたというか方は新しい弦の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

 

ではでは、ZONO SATOでした。

 

Epiphone Double Cut PRO こんなルックス反則だって

Epiphoneから

Tak Matsumoto DC風の

やばいギターきたー!

 

どうも、ZONO SATOです。

 

ちょっと気になるギターが登場しまして居ても立っても居られなくなりました。

エピフォンからこんなギターが発売されるようです!!

Epiphone Double Cut PRO

 

f:id:tasuku-sato1986:20190205142623j:image

このルックス、やばいですね!!

これはまさにTAK MATSUMOTO LES PAUL DCを彷彿とさせるこのフォルム!!

そしてヘッドはエピフォンの名器Sheratonと同じヘッドと来たもんです!!

 

もう、フォアグラにキャビアをのっけたような感じで美味しいどこ取りのデザインですが落としどころがあって美しい。

 

 

フレットはSheraton Ⅱと同じく24フレットですので単純に工場にあるTAK DCのボディにちょっとデザインが違いますがSheratonのネックをくっつけたようなバカギターです!

 

ピックアップもSheraton Ⅱと同じEpiphone ProBuckerを使用しコイルタップまでできます。

 

このEpiphone ProBuckerは本当にいい音がします。

 

クリアで温かみのある良いハムバッカーです!またコイルタップした際の音色も使いやすいので一時Sheraton Ⅱの購入も考えたほどです。

 

ダブルカッタウェイの操作性とSheraton Ⅱと同じネック&同じピックアップ…

 

Sheraton Ⅱをソリッドボディーにしただけかもしれないな!!!

 

 

でもこんな使い勝手が良くてルックスが最高のギターなんて見ているだけでワクワクしますよね。

 

 

エピフォンの技術力はすさまじく中国の工場で作っているのですが最近試しに弾いてみたのですがそのクォリティーに驚きました。

なので遊びで買うなら十分すぎるしライブでもガンガン使えると思います!

 

 

カラーバリエーションも豊富でSLASHモデルの緑のレスポールカラーを使っているのでこれまた美味しいどこ取りのバカギターって感じでいいじゃないですか!!

 

Cherry redなんか赤いTak MatsumotoDCみたいだし最高ですよ!

 

f:id:tasuku-sato1986:20190205142646j:image

 

ギターはルックスで買うがモットーですからミーハー魂がうずきます。

 

価格は6万5千ぐらいらしいです。

 

これは買いやすい危険な金額ですね…今度チェックしてみたいと思います。

 

ではでは、ZONO SAOでした。

あなたのお宅まで出張買取【奏屋】

Fender Player Series TELECASTER HHのレビュー

Fenderの新シリーズ「PLAYER SERIES」を徹底レポート

 

どうも、ZONO SATOです。

 

今回は先日購入したギター

Fender PLAYER TELECASTER HHの個人的な評価、レビューをご紹介します!!

f:id:tasuku-sato1986:20190204102611j:image

このギターは昨年2018年6月に発売のあったFenderのプレイヤーシリーズという新シリーズのギターです。

 

Fenderの本物のトーンを低価格でも手に入れることができるのがコンセプト!

 

巷では高校生などの入門機としてオススメされるモデルです。

 

しかし!!

そのクォリティーは凄まじく入門機だなんていう考えは絶対に間違い!!

 

なぜなら、ギターを弾き込んできた人が欲しいあったらいいなーっていうスペックが盛りだくさんでスタジオミュージシャンライクなギターに仕上がっているからです!

 

例えば、ストラトならアームのチューニングが狂わないように2点支持のトレモロがついていたりテレキャスなら正確なイントネーション調整ができるように

ブリッジが各弦セパレートタイプになっていたり

 

トラディショナルな型を打ち破るモダンとヴィンテージが融合した進化したフェンダーという印象です。

 

 

そして私が選んだPLAYER SERIESはこのギター

 

PLAYER TELECASTER HHです!!

 

最初は価格で期待せず眼中になかったのですが

 

弾いてびっくり!

まさに私が求めていた理想のギターでした!!

 

ではでは細かいスペックについてご説明していきましょう。

f:id:tasuku-sato1986:20190204102824j:image

まずこのギターはメキシコ製です。

 

このFender MexicoはFender Japanと比べると明らかに本物のFenderのトーンがします。

 

日本製は固くパキパキしていて精度が高く遊びのない生真面目な優等生というイメージ、音も冷たい感じがします。

弾き込んでいても角が取れるのか?という印象です。

 

しかし、メキシコ製は明るく乾いていてイナたい感じがしっかり出ていて可愛げのあるトーンが面白みがあって魅力的です。

 

このギターを買う際に対抗馬でフェンダージャパンのhybridテレキャスターを試奏しました。

 

どちらも良いギターですがこの私はメキシコを選びました。

 

よくある話ですが外国人は高い精度を誇る日本製を選び、日本人は憧れたアメリカのサウンドを求めアメリカ製かメキシコ製を買うというねじれがここでも発生ですね。

 

もちろん、フレットの処理などは日本製の方がいいですがね。

 

続いてネックですがサテンフィニッシュで触り心地がよくフィンガリングもスムーズ!

 

シェイプは「MODERN C(モダンC)」という形でとても弾きやすいです。

 

このネックにすっかりハマってしまい思い出しただけでもワクワクしてしまいます。

f:id:tasuku-sato1986:20190204102532j:image

フレットはモダンなミディアムジャンボです。

こちらも弾きやすさに大きく貢献しておりプレイにストレスを与えません。

 

指板はローズウッドではなくパーフェローという木材です。

f:id:tasuku-sato1986:20190205112128j:image

 

かなり硬い木なのではないかという印象です。 

音の印象としてはローズウッドの丸み、温かみはないです。

 

音抜けに関してはハカランダに近いかもしれません。

しかし、ハカランダのような丸みとクリアで上品な甘味は一切ありません。

 

音の硬さ、跳ね返り方はエボニーっぽさも感じます。

しかし、エボニーのようにタイトに詰まった厚みはありません。

 

難しいですが、ハカランダとエボニーを足して明るくした音の散らばり方をする木です。

 

このパーフェローのビシッと硬く適度に重みがあるトーンがすごく明るくて軽いチャラい音の散らばり方をする印象のメキシコ製フェンダーの重しとなり芯と輪郭を与えているのではないかと思います。

 

ボディーはアルダーでハムバッカーとの相性は最高です!!

ボディーはコンター加工されており抱え込んだ時に弾きやすい作りになってます。

f:id:tasuku-sato1986:20190204111905j:image

続いてピックアップですがテレキャスターに2つハムバッカーが付いているのが特徴です!

 

こちらはPlayer Series Alnico 2 Humbuckingというオリジナルのものです。

 

私はギターデビューはレスポールなのでハムバッカーが恋しくなります。

 

しかし、ポップスなどの曲をやるときは音が太すぎるので音作りに苦労します。

 

このPLAYER TELECASTER HHはコイルタップがついているのでシングルコイルのサウンドが出ます。

f:id:tasuku-sato1986:20190204103342j:image

 

なので伝統的なテレキャスターの音とハムバッカーの音がこのギター一本で使い分けできるので大変便利なギターです!

 

かねてよりレスポールをコイルタップできるように改造しようかなーと考えていましたがこのギターを手に入れたことでその悩みが解決しました。

 

音の印象ですがパワーは適度にありますが中低位域に妙な癖はなく抜けがいいクリアでストレートな明るいトーンです。

 

なのでコイルタップをしてもしっかりと明るく元気なFenderテレキャスターのサウンドをアウトプットしてくれます。

 

続いてブリッジですがこちらは冒頭で紹介しましたが通常のテレキャスの3本のサドルではなく各弦ごとに別れております。

 

サドルの形はヴィンテージ系のストラトと同じベントタイプです。

f:id:tasuku-sato1986:20190204103451j:image

このサドルにすることで正確なピッチ調節だけではなくサウンドにきらびやかさとサスティーンを与えてくれていると考えられます。

 

もう、これだけ語ればただの入門機ではないことが伝わったと思います。

 

むしろ玄人好みのマニアックな痒いとこまで手が届くヴィンテージとモダンを融合させたコンポーネントギターなんじゃないかと個人的には感じています。

 

テレキャスターの魅力としてはヴォリューム&トーンのコントロールがシンプルなのでアンプをある程度歪ませておいて手元のヴォリュームで歪みの量を調整するなどしてエフェクターを使わずに音色をコントロールして一本のギターでライブをやり切れるところだと私は思っています。

 

その利便性にさらにハムバッカーがついてまたコイルタップができるなんて…ライブアンプ直でもやっていけそうなパーフェクトギターです。

 

質感、トーン、使いやすさ三拍子揃った

驚くほど弾いてて毎日楽しいフレンドリーなってギターです。

 

ちなみに私が弾いた感じだとこんな音がします!!

 

巷では品薄状態らしいのでもしよかったらチェックしてその価格を超える衝撃のクォリティーを実感してみてください。

ではでは、ZONO SATOでした。

auネットワークで月々980円(税抜)~!【UQモバイル】

ZOOM G1X FOUR がマジでスゴイ!遊び倒した徹底レビュー

価格を凌駕する衝撃のクオリティ

常識を覆す最新マルチエフェクター

ZOOM G1X Four のレポート

 

※この記事の一切の転載を禁じます。

 

どうも、ZONO SATOです。

今回は先日2019年1月26日に発売されたZOOMの新作マルチエフェクター「G1X FOUR」を買ったので実際に遊んでみた個人的な感想・レビューをご紹介いたします。

f:id:tasuku-sato1986:20190128102152j:image

このモデルはG1シリーズの最新作です!

 

高機能で安価なためG1シリーズは入門マルチエフェクターとして大変人気なようですが5年ぶりのリニューアルという事で入門機なんて言わせないプロだってライブでガンガン使える内容に進化しておりズーム社フラッグシップの大人気マルチエフェクター「G3/G5」シリーズのノウハウをしっかりと受け継ぎそのクォリティーに遜色ない使いやすさとサウンドを体現しています!

 

f:id:tasuku-sato1986:20190128102228j:image

 

特に進化した点は

・操作性

・サウンド

です。

 

ではまず操作性についてご説明します!

前作では小さい液晶上で個々のエフェクターを管理しないといけなかったのがG1X FOURでは横長の液晶で一目で確認することができます。

f:id:tasuku-sato1986:20190128221833j:image

また最大5個までのエフェクターを液晶下のボタンでオンオフできるのでアナログエフェクターのように直感的な音作りができます。

 

そしてルーパーとドラムマシンの機能も独立したボタンで操作できるのでシンプルで勘だけを頼りにイジっても遊べるぐらい非常に簡単です。

 

音作りをエフェクター上で行うのもありですがもっとスピーディーに作業をしたいときはG3/G5と同様のエフェクターエディターソフト「Guitar Lab」を使用し

PC上でG1X FOURと連動しより視覚的に音作りが行えるのが魅力です!

f:id:tasuku-sato1986:20190128102907j:image

また随時更新されるエフェクターやプリセットも無償でダウンロードして取り込めるのでワクワクは止まらず楽しめるのが良いですね。

 

ちなみにこのようにアンプにつないだままでもPCと連動して音作りが可能です。

 

f:id:tasuku-sato1986:20190128102419j:image

 

続いてはサウンドです。

現在、市場でBOSSのGTシリーズと人気を博する実力を持つ「G3/G5」と同等のノウハウをこの156 mm (深さ) × 216 mm (幅) × 52 mm (高さ)という小さいボディーに凝縮しているのでそのサウンドのクオリティーの高さを疑う余地はありません!

 

ちなみに私はボスGTシリーズと比較をするとズームG3/G5のほうがアナログ感というかいなたい感じがあってナチュラルで温かみがあるため最近ではズームのほうが好みです。

 

 

エフェクターのモデリングでも実際に弾いてみると以前は「これはちょっと使えないなー…」とか「全然元のエフェクターとちげーじゃん」いうガッカリする事が否めないものもありました。

 

特にアンプモデリングと歪み系なんかは特にそうです。

 

しかし、いろいろ触ってみましたがこの進化した「G1X FOUR」ではそういったストレスは感じることはありませんでした!

 

ここが人気のフラッグシップモデルG3/G5の技術をしっかりと受け継いでいる事の実証と言えるでしょう。

 

 

私が作ってみたセッティングは下記の内容です。

 

ヴォリュームペダル→ノイズゲート→ZEN Driveのモデリング→BOSS SUPERCHORUSのモデリング→Hallリバーブ

 

f:id:tasuku-sato1986:20190128102521j:image

 

弾いた音はこんな感じです!!


山下達郎"Sparkle"でひとりジャムセッション ZOOM G1X FOURを使用

 

とても使いやすく昔のイメージしたマルチエフェクターの音をはるかに凌駕するナチュラルな音質です。

 

しかも小さく軽量で使い勝手が最高なのでライブに色々と荷物をもって歩いてライブ前に疲れちゃうってことにお悩みの方はこのZOOM G1X FOUR/G1 FOURがそのお悩みから解放してくれることでしょう!!

 

しかもたった1万円以内で…

 

金額は…

エクスプレッションペダルのついた

G1X FOUR9,900円

エクスプレッションペダルペダルなしの

G1 FOURが7,700円

です。

 

どうですか?みなさん…

 

もう、こんなのズルいですよ!

コスパとクォリティーが完全にぶっとんじゃってるからエフェクターの概念変わっちゃじゃん!

 

ZOOMの技術力、半端ないって!

普通そんなんできひんやん!

できるなら先に言っといてやー!!

 

って感じです。

 

コンパクトエフェクターを1台買うよりもはるかにお得で便利でこれ一台あれば出せない音はない!!っていうんだから買って損はないでしょう。

 

f:id:tasuku-sato1986:20190128105627j:image

つい最近までBOSS GT-1やG3/G5がやべーって騒いでたのにこんなのが出てくるとは近年のマルチエフェクターの進化は想像を超え目まぐるしく驚くばかりです。

 

最後になりますがプリセットの一番末尾に「Rhapsody」というパッチがありました。

f:id:tasuku-sato1986:20190128103041j:image

 

こっ、これはもしや…

やっぱり!!

ブライアン・メイじゃねーかっ!!!

 

今世界を最も賑わせているサウンドをちょこんと最後に加える粋な遊び心に感服しました。

 

ZOOM様万歳!!!

 

という事でせっかくなので内蔵リズムマシンとルーパーを使ってBohemian Rhapsodyのギターソロを弾いて遊んでみました。


Zoom G1X Four のBrian May風プリセット“RHAPSODY”のサウンドチェック

ギターはレッド・スペシャルのホロウ構造からなるフィードバック感を求めて335をチョイス。

 

今度はショートスケールでブリッジとピックアップ構成も似ているムスタングで挑戦してみたいと思います。

 

という事でZOOM G1X FOURのレポートでした。

 

本当に便利で使い勝手がいいしコンパクトで音も満足いく驚愕のクォリティーなのでオススメです!!

何を買うにもそうですが値ごろ感やお得感があるモノを買うのって気持ちがいいじゃないですか。

 

なのでマジで流行って品薄になる気がビンビンにします!

すごくフレンドリーなエフェクターなので最近はこれを使って遊びまくってます。


アコギで山下達郎"Sparkle”をひとりジャムセッション ZOOM G1X FOUR使用

 

ではでは、ZONO SATOでした。