前園系ギタリストZONO SATOのギターブログ

前園系ギタリスト、ZONO SATOの大好きなギターや音楽について書くブログ

B'z LIVE - GYM 2019 のスケジュールとメンバー発表で思ったこと

 

どうも、ZONO SATOです。

昨日、B'zの2019年ライブツアーのスケジュールとメンバーが発表されました。

f:id:tasuku-sato1986:20190122100636j:image

色々と驚く事ばかりです。

 

まず一つ目がサポートメンバーが総入れ替え!!

 

Brian Tichy (Drums) / TMGのメンバーやBIG Machineのレコーディングに参加していたのでなじみありますね。

 

Yukihide “YT” Takiyama (Guitar) /氷室京介さんのサポートギタリスト。LAを拠点に活動をなさっているようです。

氷室さんと親交のあるTAKさんならではの抜擢でしょうか。

 

 

Mohini Dey (Bass) /インド出身の若干23歳の女性ベーシスト!ハードロックでだけではなく幅広いジャンルでモダンでありながら乾いたナチュラルでオーガニックなトーンでタイトな素晴らしいグルーヴを奏でています!

 

きっと多様なB'zの楽曲を彩ってくれるでしょう!

 

彼女のプレイをチェックするなら全編参加しているこのアルバムをオススメします!

f:id:tasuku-sato1986:20190122120911j:image

Chandersh Kudwa / Free spirit

 

Sam Pomanti (Keyboard)/ INABA/SALASでキーボードを務めたメンバーのお子さんらしくファンキー都会的でオシャレなグルーヴが印象的なプレイヤーです。

 

またこの外国人特有のエッセンスがB'zの楽曲に新たな味わいを加えると思います!

 

彼のプレイをチェックするならこのアルバムを聴いてみてください!

f:id:tasuku-sato1986:20190122121210j:image

Live Life / groove 

Isaiah Gibbon 

 

まだアルバムは発表になっていませんがポッキーのCMで流れている「マジスティック」や「WOLF」のアレンジャーに椎名林檎、東京事変、いきものがかりなどを手掛けるベーシスト亀田誠治さんを抜擢しています。

 

凄くいい曲ですが明らかに今までのB'zと雰囲気が違いますよね!

 

ロックだけにとどまらずポップスやファンキーなグルーブなどよりナチュラルでオーガニックなニュアンスが要求される楽曲です。

 

なのできっとニューアルバムは「新しい世界」「新しい色」「新しいB'z」という印象の作品に仕上がるのだと思います。

 

それを見越して10年以上キャリアのあるバンドメンバーを新しい血を入れるみないな感じで一新したんじゃないかなーと感じてます。

 

なので新しいアルバムの発表が待ち遠しいです!!

 

 

しかし、シェーンやバリー増田さんや大賀さんという最強のサポートメンバーが総とっかえっていうのは寂しいものです…

 

続いて二つ目に驚いたのはがドームを行わずアリーナ規模での公演のみ!

 

そして関東圏は平日(火)(水)オンリーだという事です!!

 

今までの王様ライブスケジュールが組めなくなったのでしょうか?

 

確かにHINOTORIはギリギリまで大きくチケット一般販売の打ちだしをしてましたしドーム規模のライブは厳しいのかもしれません。

 

または、規模を小さくしてよりハードロックで音圧でわーってライブではなく細かな繊細な質感までリアルに鮮明な本物のクォリティの音楽を届けるようなライブの活動方針をシフトしたのかな?

 

今回のバンド編成をみても多彩な音楽のバックボーンがあるメンバーを揃えたわけですから新生B'zの新たなチャレンジが読み取れます。

 

なのでおそらく後者の方だと私は踏んでいます。

 

いやー、B'zで横浜アリーナだとキャパが激戦だし、さいたまスーパーアリーナ、幕張メッセなんて平日のど真ん中でライブに足を運ぶのは難しい方々が多いんじゃないかなーと感じます。

 

東京在住ですが横浜、埼玉、千葉は体力的にタフな感じですね。

 

その週はライブの日と合わせて回復のため二日休み欲しい感じになるでしょう!!

 

私は横浜アリーナは激戦区だし幕張メッセは音が悪いと考えられるので少しでもキャパが多く音が良いさいたまスーパーアリーナを第一候補で考えています。

 

明らかにライブの規模縮小でチケット争奪戦が激化しましたが本来、音楽をしっかり聴くならドーム&スタジアムでは無理ですのでポジティブに考えましょう!!

 

山下達郎さんに言わせればドームやスタジアムのライブは「あんなのただのパーティー」ですから。

 

なのでよりリアルなB'zを味わうことができると思うとワクワクしますね!

 

という事でまずはファンクラブに入っているけどチケットが取れるかってところからスタートですが2019年、31周年目を迎えた新生B'zから目が離せません!!

 

以上、ZONO SATOでした。

 

TOKAI SILVER STAR-40 1984年製〜ウチのギターみてってよ〜

第8回俺のギター自慢シリーズ

 

どうも、ZONO SATOです。

引き続き我が家のギター紹介をしていこうと思います。

 

今回ご紹介するギターはこちら

f:id:tasuku-sato1986:20190121142149j:image

 

TOKAI SILVER STAR-40 1984年製です。

 

このギターはだいたい私の父親世代が青春時代に持っていたギターだと思います。

70年代のFenderの精巧なコピーモデルとして有名ですね!

 

70年代フェンダーの特徴として

 

ラージヘッド

f:id:tasuku-sato1986:20190121142227j:image

3点止めネックプレート

f:id:tasuku-sato1986:20190121142306j:image

ダイキャスト一体型のサドル

f:id:tasuku-sato1986:20190121142339j:image

ギラギラしてローが引き締まったサウンドのグレイボビンピックアップ

 

があげられますがこれらすべてを忠実に再現しています。

 

 

あまりの精度の高さから危機感を覚えたFenderがTokaiを潰すために後にFender Japanとなる日本製スクワイヤーを立ち上げることになったというのは有名です。

 

 

私が購入したきっかけは敬愛するROLLYさんがこのギターを使っているからです。

 

中学生の時に39,800円で買ってヘッドのTOKAIのロゴをマジックペンで「Fender」「Fendesunen(ふぇんですねん)」に書き換えたと紹介しています。

 

パーツは色々と手を加えていると思いますがこのギターのクォリティーが高いからこそ今も使い続けているのでしょう。

 

 

ローリーさんのお話の通り当時のこのギターの価格は39,800円ぐらいだったらしいですがとにかく信じられないぐらいに木がいいです!!

 

その良質な材のおかげて鳴りも申し分なく今のこの10万円以下のギターでは到底味わうことはできません。

 

 

このギターはただのコピーモデルではなく日本人の手に合うようにネックが細身のナローナックになっています。

そのためほんとに弾きやすく一度ハマると病みつきになります!

 

 

また70年代Fenderの特徴であるネックプレートからネックの角度を調整することができるのでうまく調整すればハイポジションも弦高低くスムースなタッチのフィンガリングを得ることができます。

 

ピックアップですがよく市場では交換されているものが多いですが私はアッセンブリーを含め全てフルオリジナルで使っています。

 

ローがタイトでハイがギラギラ!クリアで歪みは乗りづらく必要以上に歪まない感じが大好きです。

 

出音が「鉄!!」って感じの個性的なキャラクターに魅了されています。

 

 

コーラスなんかかけてハーフトーンでカッティングなんてしたら70~80年代のトーンが香って気持ちが良いと思います。

 

私が大好きな山下達郎さんの楽曲にハマりそう。

 

バリバリのロッカーの方はやはりマーシャルにぶち込んでリッチー・ブラックモア、ジミ・ヘンドリックスなどの世界に旅立てるかもしれません!

 

ピックアップを交換するとしたら70年代Fenderのトーンを再現したピックアップ Fender CUSTOM SHOPの69'を試したいと思います!

 

ちなみに私が弾いた感じはこんな音がします。


安くても本物の時代を感じる音が手に入るこのギターは日本のギター史の財産だと思うのでなるべくフルオリジナルで大事にしていきます。

youtubeをみると外国人にもファンが多いみたいですしね!

 

というわけで以上がTOKAI SILVER STAR-40の紹介でした!

ほんとに良いギターなんですよコレ!これから末永くセッションやライブでガンガン使ってやろうと思います!

 

私は運よくピカピカの状態で売られていたこのギターに巡り合うことができましたが通常の市場ではボロボロで汚くて弾けないよ!ってやつが多いです。

なので状態がいい個体がでてきたら即買いをお勧めしますね。

 

 

さぁ、このシリーズ誰が見てるのかというのは毎回思いますがアクセスは着実にアップしているので気楽に継続していこうと思います。

 

ではでは、ZONO SATOでした。

あなたのお宅まで出張買取【奏屋】

日本製エピフォンレスポール LPS-90FT〜ウチのギターみてってよ〜

第7回 俺のギター自慢シリーズ

 

どうも、ZONO SATOです。

今回も引き続き我が家のギターを紹介していこうと思います。

 

Epiphone Japan Les Paul LPS-90FT HSです。

 

f:id:tasuku-sato1986:20190119193732j:image

このギターは私が13歳の時に初めて購入したエレキギター

 

フジゲンが作っていて楽器のクォリティーは申し分ないギターです。

 

エピフォン ジャパンのレスポールはヘッドがギブソンと同じ形をしています。

そのヘッドの形とギターそのもののクォリティーの高さから現在でも中古市場では人気がありますね。

f:id:tasuku-sato1986:20190119193814j:image

美しいトラ目が印象的で当時69,800で買ったけどずいぶん贅沢なギターだなーとしみじみ感じます。

まだ15年以上前は木が潤沢にあったのでしょうね。

 

最近はギターが高くでなかなか厳しい時代になりました。

 

アイバニーズやフジゲン製のギターを弾くと質感が一緒なのでしっくりくる感じがあります。

 

なので一時はフジゲン中毒でした。

 

私のはかなり使いこんでいるのでボロボロで汚いです!

 

ピックアップ、アッセンブリーは全部交換しております。

 

また、ナットとフレットはネックがよじれてしまったのでその時に合わせて交換しました。

 

オリジナルパーツはペグとブリッジなどのハードウェアのみです。

 

 

ピックアップは

フロント:セイモア・ダンカン The 59 SH-1

リア:セイモア・ダンカン CUSTOM5 SH-14

のゼブラタイプに交換してます。

 

ダンカン The 59 SH-1は王道ですよね!

マジで困ったらコレ!って感じの音で特に不満はありません。

 

リアのCUSTOM5 SH-14に交換したのはSH-1と同じアルニコ5ピックアップだから合わせたほうがいいんじゃない?

って高校生だった私は何となく思ってチョイスしただけです。

 

カラーは憧れていた松本孝弘さんのGibsonから発売された2本目のシグネチャーモデルTAK BURSTを意識してセブラにしたのです。

 

ガキだったころはハードロッカーになるんだ!と息巻いていたので良かったのですが最近はリアピックアップが出力が強くて少し困ってます。

 

 

でもオールマイティーに使えるのでギターが訳の分からないときに改造を試みた高校生の自分を褒めてやりたいですね!

 

このレスポールの一番いいところは「軽い」事です。

 

しかし軽いからと言って決してチープなわけではありません。

 

レスポールは基本的に重いですがネックとボディーのバランスが絶妙で非常に軽くて弾きやすい!

初心者だった私が挫折せずにギターを弾き続けられたのはきっとこのおかげでしょう。

 

今でもバリバリ現役で気軽に使えるのでライブでも活躍しております。

 

 

最初の一本としてチョイスしたのはとってもいいセンスだったなーと感じております。

良いめぐりあわせに感謝です。

 

出会ってから20年ぐらいになりましたが今でも目が合うとギターを始めた中学生の記憶がよみがえりワクワクします。

 

これからもずっと可愛がって生きたいと思います。

 

というわけで今回もギター紹介でしたが7回もやるとは思いませんでした。

 

想像以上にじわじわとアクセスが伸びモチベーションとなってますのでこのまま焦らず気ままにやっていこうと思います。

 

ではでは、ZONO SATOでした。

 

Taylor 812ce Dlx 〜ウチのギターみてってよ〜

第6回 俺のギター自慢シリーズ

 

どうも、ZONO SATOです。

今回も引き続き私の持っているギターを紹介していこうと思います。

 

今回はこのアコースティックギター

Taylor 812ce Dlxです。

f:id:tasuku-sato1986:20190115130506j:image

動画に度々登場する私のメインのアコースティックギターです。

 

こいつをゲットした経緯ですが近年ローズウッドが色んなブランドで使用禁止となったりしていく中でローズウッドバックのギターもそのうち買えなくなるんじゃない?

 

と焦って以前から憧れていたTaylorのローズウッドバックのギターを買わないといけない!!

 

という衝動に突き動かされ普段からお世話になってる新宿の楽器屋さんに見に行ったところこのギターに出会いました。

 

800シリーズはフラッグシップモデルなので到底手の届かない高嶺の花でしたがこのギターは以前に試奏した人が心無い人でがっつりボディーバックにバックル傷をでかでかと付けていったため新品なのに通常販売価格よりも20万円オフのアウトレットで販売されていました。

 

それでもやはり高額…

エレキギターメインの私にとっては弾く頻度などを考えると勇気がいる決断で購入までにかなり悩みましたがこれを逃したら出会わないだろうと覚悟を決め思い切ってゲットしたのです。

 

せっかく買うなら一番良いものを買ってやった方が心残りは無いですし何よりもこれより上のモデルは限定モデルだけですから下手に色んなギターを模索して散財することは無いかなーと思うので良い買い物ができたと満足しています。

 

いきなり私の腕では恐れ多いいレベルのギターのオーナーになったことは少し戸惑いましたが一生仲良くやって行こうと思います。

 

スペックは

トップ:シトカスプルース

バック:インディアンローズウッド

ネック:トロピカルマホガニー

指板:スモーキーエボニー

プリアンプ:ES2

 

バックはこんな感じ

f:id:tasuku-sato1986:20190115130608j:image

 

最近は木の名前がよく分からないものが出てきますがこれに使われているスモーキーエボニーは通常のエボニーよりも真っ黒じゃない部分のエボニーって事です。

 

トロピカルマホガニーはよくわかりませんので勉強してきます…

 

昔ならもうちょい良い感じの木だったかもしれませんね。

 

サウンドのイメージはこんな感じです。


BOHEMIAN RHAPSODY - acoustic guitar cover- / QUEEN ボヘミアンラプソディ

 

サウンドはまさしくテイラーって感じ!

 

洗練され明るく

澄み切った青空が広がっていくようなトーンです。

 

ローズウッドバックですのでさらに煌びやかさがより強調されています。

 

ポップスなんかにガッチリハマります。

 

テイラーの特徴としてエレキギターと持ち替えても弾きやすいと言うのが強みでリードプレイもストレスなく弾きまくれます。

 

フィンガリングをスムースにするため元のゲージは抑えめの11〜52のエリクサーカスタムゲージを使用してます。

 

生音ではパワーダウンしますが弾きやすさを重視したチョイスです。

 

このモデルは通常のアコギよりも小さめのグランドコンサートと言う形で音量は落ちますが抱えやすく操作性が高いです。

 

また肘の所がカットされておりますのでルックスだけでなくストロークの際にも妙な引っ掛かりがなく気持ちが良いです。

 

プリアンプも凄くクォリティが高く通常のピエゾと違う質感です。

 

生!!って感じの音がします。

 

このモデルに搭載のものはギターの生音と同じトーンをアウトプットすることがコンセプトでできるので録音の際に直接ラインでつないでも良い音で録音できます。

 

録音の際にマイキングすると時間と技術が必要になるので音の差が少なく安定してかなりの時短になるのでエンジニアのいない宅録には強い味方です。

 

もちろん生音も倍音がしっかりとサウンドホールから溢れでる感じで美しいですけどね。

 

これだけ生でワクワクするようなトーンが出るのでエレキよりも断然家で弾く頻度が高くなりました。

 

誤魔化しの効かない生の音なので自然と音の出し方も強制され美味しいトーンが出るように弾き方が上手くなります。

 

良いギターは弾き方を教えてくれるとはマジですね!

 

このギターに巡り会えた事に感謝してともにミュージックライフを歩んで行こうと思います!

 

と言うわけで以上がTaylor 812CE の紹介となります。

 

ブログのアクセスが少し増えたのが嬉しいのでまた気ままに我が家のギターを紹介していこうと思います!

 

ではでは、ZONO SATOでした。

 

VANZANDT STV-R3 〜ウチのギターみてってよ〜

第5回 俺のギター自慢シリーズ

どうも、ZONO SATOです。

今回も引き続き私のギター紹介をしてまいります。

 

第5回目にご紹介するのはこちら

 

VANZANDTのストラト STV-R3です。

f:id:tasuku-sato1986:20190111122424j:image

こちらを購入したのは忘れもしない20歳の誕生日に24回ローンで渋谷の石橋楽器で購入しました。

 

当時、どうしてもストラトが欲しい衝動に駆られ自分の成人祝いに思い切って買ってやろうと思い見つけたのがこのギターです。

 

 

このギターをゲットするにあたりFenderのフレイムメイプルトップのストラトや同じくVANZANDTのアルダーボディーのストラトを3本試し弾きしました。

 

3本比較する中でFenderは即論外となりアルダーボディーの粘りのあるトーンに魅力を感じ迷いましたがアッシュボディのこのモデルを購入したのです。

 

f:id:tasuku-sato1986:20190111122538j:image

主な使用を説明します

 

ボディ:アッシュ、

ネック:1ピースメイプルネック&ハカランダフィンガーボード

ピックアップ:全部vanzandt製

フロント BLUES

センター TRUE VINTAGE

リア BLUES

 

となります。

 

 

この使用をみるかぎり結構個性的なトーンをイメージされる方は多いのではないでしょうか?

 

アッシュボディー&メイプル指板じゃなかったり、ピックアップが50年代トーンじゃなくて60年代ストラトの中域をプッシュしたピックアップがついてたり…

 

そうなんです!

こいつは想像通りなかなかやんちゃな曲者ギターなのです。

 

 

 

通常の生産モデルとは異なり石橋楽器オーダーモデルのようでショップオーダーモデルならではのワンアクセント利いた通好みのギターとなっております。

f:id:tasuku-sato1986:20190111122722j:image

ではでは実際のサウンドの印象ですがアッシュボディーとこのVANZANDT BLUESの愛称は非常に暴れまくってかっこいいのです。

 

Fender のピックアップで言うところのTexas Specialですね!!

 

このギターではアッシュという明るくタイトで引き締まったトーンを持つボディを組み合わせることでピックアップで中音域を補いながらピックアップの特性をストレートに弾き返す感じになり

にぎやかで派手目なトーンになっているといます。

 

きっとアルダーボディーだとこの60年代ストラトピックアップの弾けるようなワイルドなトーンを吸収しすぎてしまい中音域が図太いだけで少し暗めでまとまったトーンのギターになっていると思います。

 

 

音がただ派手に暴れまくるというわけではなくこのトーンをカバーしてくれるのが…

ハカランダのフィンガーボートです!!

 

こいつは嘘じゃなく間違いなくハカランダが使われています!!

12年前ぐらいだとヴァンザントもまだまだハカランダ使ってました。

 

このハカランダ指板が適度にバランスよく暴れるトーンのコンプレッションして芯を残してくれています。

 

またローズウッドよりも音の立ち上がりがクリアで早いのが特徴です。

 

きっと普通のローズウッドではもう少し中音域がもったりし音の立ち上がるスピードが遅いと考えられます。

 

またこれがメイプルネックだと中音域がスカスカでピックアップのパワーを抑えきれず飽和したじゃじゃ馬わんぱくギターで終わっていた事でしょう。

 

さすがショップオーダーモデルだけあって色々と考えられているわけだと納得!!

当時はこのギターの拘りをまったく理解できず購入したわけですから選んだ自分を褒めてやりたいです。

 

 

 

今のヴァンザントのスペックはわかりませんがこのギターのフレットはヴィンテージタイプの小さめのフレットが使用されています。

 

そしてフィンガーボードは結構アールが強めですフィンガリングが少し私にはストレスを感じ弦高調整も難しいです。

いまミディアムジャンボぐらいのフレットに打ち換えようか迷ってます。

 

アームですが最初はフローティングさせて使っていましたが弦高を下げるため今はこのブログでおなじみの「Raw Vintage RVTS-1」を使用しスプリング5本&ベタ付けして弦高を可能な限り下げています。

f:id:tasuku-sato1986:20190111122937j:image
f:id:tasuku-sato1986:20190111122916j:image

ネックもボディも塗装はかなり薄く触り心地は気持ちがいいです。

この塗装の薄さが鳴りにもしっかり影響していることでしょう。

 

あとこのブランドの特徴なのですがこの薄い塗装なのでクラックはでますしぶつけたらしっかり塗装が剥げます。

購入してから2か月目の冬にもうクラックがでてきましたからね。

 

私のは12年も使っているので結構ボロボロになって色も結構アイボリーからオフホワイトになってきたなーと感じております。。

 

ネオヴィンテージというのがキャッチコピーなのでともに歴史を歩んでいける生の楽器という感じでそこが可愛らしくて私は好きですがね。

 

というわけで以上がVANZANDT STV-R3の紹介となります。

色々とこれ以ストラトを購入しましたが私の一番のストラトはこいつです!

 

20歳の自分の記念に買ったギターですから一生ギターライフを共に歩んでいこうと思います。

 

もし最後まで読んでいただけた方いらっしゃいましたら誠にありがとうございます。

 

 

また気ままにMY GUITAR達を紹介していけたらと思います。

 

ではでは、ZONO SATOでした。

あなたのお宅まで出張買取【奏屋】

 

Epiphone Elitist 1966 Custom Riviera 〜ウチのギターみてってよ〜

第4回「俺のギター自慢」シリーズ

どうも、ZONO SATOです。

今回も引き続き我が家のギターを紹介していくシリーズ「ウチのギターみてってよ」です。

 

思った以上に日々のアクセスがあがり驚いております!本当にありがたい!

 

第4回の今回はこちら

 

f:id:tasuku-sato1986:20190110103025j:image

Epiphone Elitist 1966 Custom Rivieraです。

 

 

 

こちらを購入した経緯は何を隠そう私が大好きなロベン・フォード氏が使用しているリヴィエラのスペックを再現しているギターだからです。

 

 

恥ずかしながらミーハーなのでなんでも憧れている人と同じものが欲しく性分なるのです…

 

 

このギターは日本限定で生産されており工場は国産ギターの雄「寺田楽器」です。

 

 

ピックアップやアッセンブリーはGibsonのものが使用されておりサウンドには通常の国産セミアコとは異なるアメリカンな雰囲気が漂います。

 

 

ではでは、実際に弾いてみた印象ですが生鳴りがデカくブライトでパリーンとしております。

 

いくつか弾いた中で一番乾いたトーンのを選らんだのでそのように思ったのかもしれませんがこの個体がわたしの好みでした。

またブライトなだけでなくGibson系らしいセンターブロックの「ゴリっ」とした鳴りがくわわっておりその泥臭くワイルドでいなたいキャラクターは他の国産セミアコとは一線を期します。

 

さすがは本家直系といったところでしょうか。

f:id:tasuku-sato1986:20190110103323j:image

しかしながらやはり国産メーカーが作っているのでそのキャラクターは個性は強すぎずバランスよくまとまっている印象です。

 

音の分類的にはテレキャスに似ています!

 

なので私はテレキャスの代わりに使用する場面が多いいです。

 

ロベン・フォードもスラブボードのテレキャスとリヴィエラでライブを使い分けてやっていたシーズンがあるのできっとそのようなサウンドキャラクター間違いないのではと推測しております。

 

ピックアップはギブソンのミニハムバッカーが搭載されており本家のサウンドをアウトプットしてくれます。

 

ミニハムバッカーなのでローが削れてヌケがいい明るいサウンドで乾いたアメリカンサウンドという印象です。

 

GibsonにはGibsonでしか出せない音がありますよね!!!

 

 

フロント、リアともにクランチで歪ませると心地よく暴れる泥臭くブルージー&ロッケンロールに最適かと思います。

 

また、ギター自体が明るいトーンなのでハーフトーンではカッティングやアルペジオなどにもはまりポップスにも使える万能ギターです。

 

こんなに用途が広いギターになってしまうとモダンなスペックになり過ぎてギターの美味しい「温かみ」や「かわいらしさ」を失ったビシッとしたクールな優等生ギターしか選択肢が狭まりますがこのEpiphone Elitist 1966 Custom Rivieraには三枚目役者のようなイナタさや温かさがあり愛着が持てます!

 

テクニカルではない私には最適です。

 

このギターのデルリンサドルを使用していてタイトな鳴りを生み出しているのですがこれがミニハムバッカーと組み合わせれることにより相乗効果でローが削れてヌケがいい明るいサウンドで乾いたアメリカンサウンドになっているのではないでしょうか。

 

 

ネックはギブソン60年代風の薄めのシェイプでとてもフィンガリングしやすいです。

 

このネックの感じは私が長年使っているGibson Custom Shop Class 5 Les Paulによく似ているので違和感なくスッとなじみました。

 

良いカラーですよね、ラッカー塗装ですからさらに味もでていい感じになるのだと思うとワクワクします。

 

色々な動画でロベン・フォードの使っているリヴィエラのサウンドと聞き比べてみましたがやはり

本物のヴィンテージとくらべるとエアー感とゴリっとした鳴りがペラペラで”深み”が足りない印象です。

 

腹から声を出せてない感じ?

バットを体幹ではなく手打ちで振ってる感じ?

小手先だけでなんとかしようって感じ?

 

まぁ、年期も違うしピックアップやパーツだって無理はあるけど将来近いサウンドキャラクターに進化してくれればと願っております。

 

というわけで以上がEpiphone Elitist 1966 Custom Rivieraとなります。

 

最初に申しましたがこのシリーズを更新してアクセスがアップしたので誰が読むんだと思っていましたが何であれ自分の事をどんどんアウトプットしていく事の大切さを少し学びました。

 

くだらなくてもなんであれ日々アウトプット大事ですね。

 

また気が向きましたらウチの息子(ギター)たちを紹介していこうと思います。

 

ではでは、ZONO SATOでした。

 

 

Fender Custom Shop Deluxe Stratocaster 〜ウチのギターみてってよ〜

第3回「俺のギター自慢」シリーズ

 

どうも、ZONO SATOです。

前回に引き続き私の持っているギターを紹介していくシリーズ「ウチのギターみてってよ」です。

 

3回目の今回はFender Custom shop Deluxe Stratocasterをご紹介致します。

f:id:tasuku-sato1986:20190109095559j:image

このギターとの出会いは我が地元の山野楽器さんでまだ規模が縮小されずいい楽器が定期的に入荷してくる時に出会いました。

 

このギターのコンセプトは…

 

「フェンダー カスタムショップのビルダー達がプライベートで弾きたいギター」

 

だそうです。

 

そのため非常に使いやすく様々なこだわりの詰まったワンランク上のモダンなストラトキャスタに仕上がってます!

 

私は何と言ってもこのルックスに一目ぼれ!

ナチュラルカラーのトラ目と美しいフレイムメイプルネックに心奪われてなかなかの金額でしたがほぼ即決で購入しました。

f:id:tasuku-sato1986:20190109095633j:image

ギターはルックスで買うのが私のモットーですからね。

 

 

このギターのスペックですがボディはフレイムメイプルトップに「Okume」という素材の組み合わせです。

パっとみマホガニーかなーと思いましたが違ったようです。

f:id:tasuku-sato1986:20190109095658j:image

近年のフェンダーカスタムショップではこのオクメを使用したギターをよく目にします。

 

オクメ材のギターにもたらす音の印象ですがマホガニーよりも明るくあっさりしているがマホ特有の温かみとアルダーのような粘りがあるトーンという感じです。

 

 

なのでシングルコイルでもローの音域へのパワー不足を感じることは一切ないです。

 

 

このギターのトーンは前がフロントピックアップとミドルピックアップで後ろのトーンがリアのトーンとなっているので

トーンコントロールで音の厚みを十分調整できるのでこのギター1本で様々なジャンルに対応できます。

 

パーツは2点支持トレモロとシャーラータイプの重みのあるペグです。

f:id:tasuku-sato1986:20190110085109j:image

パーツに重量を持たせることでギターの鳴りの散らばりを抑えストレートに整ったピッチと洗練されたトーンをアウトプットしてくれます。

 

なので、人の依頼でレコーディングをする際は極力くせのある音を抑えたいのでこのギターとTOKAIのES-335しか使いません!

 

 

搭載されているピックアップはFender CustomShop FAT50’です。

このピックアップのシングルコイルならではのきらびやかさと中低位域にパワーを持たせたトーンがこのオクメボディと良くマッチして非常にサウンドメイクしやすいギターです。

 

 

ネックはサテンフィニッシュで触り心地が良く、フレットも大きめで指板のアールも殆どフラットでフィンガリングが快適です。

 

 

このギターの改造として1点手を加えたのは後ろのトレモロスプリングです。

Fender純正のスムースなバネもよかったですが鳴りに太さを持たせたかったのでよく私のブログでも登場するストラトのスプリング「Raw Vintage RVTS-1」を取り付けています。

f:id:tasuku-sato1986:20190110084956j:image

写真は5本ですがアーミングの加減とトーンが太くなりすぎないようにこのギターには4点張りでスプリングを使用してます。

f:id:tasuku-sato1986:20190110084923j:image

この改造でP90とマホガニーの組み合わせのような丸みと温かさに加えストラトならではのハーフトンでのジャッキとしたサウンドがバランスよくアウトプットすることに成功しました。

 

まさにスタジオライクなギターに仕上がりました。

 

一点、問題をあげるとしたらフレイムネックです。

f:id:tasuku-sato1986:20190109095746j:image

このフレイムネックはなかなか安定しません!

ネックが安定して鳴ってるなーと思うまでに3年ぐらいかかりました。

 

フレイムメイプルは硬い木と柔らかい木が混ざり合ってトラ目ができているのでネックの反り方が素直じゃないためネックの素材には向きません。

Xioticなどはローストして強度を上げ硬くしてからフレイムメイプルをネックに使っているのはそのためでしょう。

 

実際に高級ギターですがこのギターの指板をみると木目の兼ね合いからストレートになり切れてない感じがします。

 

もしかしたら将来、指板を削らないといけないかもしれません。

 

 

なのでもしルックスにそそられてフレイムメイプルネックのギターを買う場合は少しばかり覚悟が必要です。

 

 

私は全然関係ないですがね。

何と言ってもこの美しいナチュラルな地味ではないけど派手という他所にはないルックスにやられてしまったので!

 

というわけで以上がFender Custom shop Deluxe Stratocasterの紹介となります。

 

 

果たして誰が読んでいるのか?と言う思いはありますがもし最後まで読んでくれた方は誠にありがとうございます。

 

今後も気が向いたら家にあるギターをピックアップしていこうと思います。

ではでは、ZONO SATOでした。

あなたのお宅まで出張買取【奏屋】